ボートレース下関の「ルーキーシリーズ第23戦スカパー!JLC杯」は9日、優勝戦が行われ、1号艇の佐々木完太(27=山口)が逃げて今年3回目、通算6回目の優勝を飾った。

 圧巻のレース運びで悲願の当地初制覇を果たした。優勝戦、インからコンマ12のトップスタートを決めると、他を寄せつけずに逃げ切り快勝。「下関初優勝ができてうれしかった。スタートは難しかったけど、バッチリ行けた。厳しいエンジンだったけど、今節はチルトを跳ねて伸びは良かった。出足、回り足は悪かった。気を抜けなかった」と安堵の表情を浮かべた。

 ドリーム戦逃げ→予選トップ通過と順当にVロードを歩んだ。シリーズリーダー、そして地元の期待を背負いながら勝ち切ったことは価値あるVとなるはずだ。

 表彰式では今村豊さんから「やっと地元の選手がタイトルを取ってくれた。甘んじることなく、GⅠ、SGで活躍してほしい」と激励。来年1月には当地周年が控えている。「また優勝してここに来れるように頑張ります」と山口支部の次期エースが地元GⅠでの活躍を誓った。