ボートレース下関の「ルーキーシリーズ第23戦スカパー!JLC杯」は7日、4日間の予選を終了。準優勝戦に進出する18選手が決まった。

 石原翼(26=静岡)は予選ラストの1R、大外からコンマ12のトップスタートを決めると、一気のまくりでシリーズ2勝目をゲット。予選6走を2勝2、3着2本ずつのオール3連対と安定感ある走りを見せ、4位で予選を突破した

 今節を通じて6号艇の1着は初めて。「僕も6コースから勝ったのは久しぶりです。展開も向いたけど、いいスタート行けたのが良かった」と笑みを浮かべた。

 タッグを組む45号機は「出て行く感じがあったし、乗り心地も上向くゾーンが見つかった。いい調整ができている」と確かな手応えをつかんでいる。準優9R、エンジンメンバーが揃い簡単な戦いではないが、今の安定感なら問題はない。まずは優出切符をつかみ取る。