タレントのマツコ・デラックスが6日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国2時間SP」に出演。依存しすぎて〝死〟を悟った食品を絶ったと告白した。

 共演の有吉弘行と「最高のデザートは何か?」という話題になり、マツコは「やっぱあんこだね。四六時中食べれないからっていうのもあるけど、水ようかんの福井とかにあるじゃない、あれ(箱)2個ぐらい食っちゃう。あと、赤福も1個食っちゃうんだけど。止まんないのよ。あんこはちょっと異常」と目を輝かせた。

 有吉は「赤福1個は自制心働くよね…」とけげんな表情だったが、マツコは「自制心なんてないのよ! なんだろうあれ、あんこは止まんなくなる」とピシャリ。「自制心ただでさえないのに、あんこを見ると、狂ったように食う」と特別な存在だと主張した。

 一方でマツコは「最近、実はちょっとあんこを控えてるんです」と告白。「去年ぐらいかな、おかしいぐらい毎日あんこ食べてる時あったの。缶入りとか、パックに入ってるあんこあるじゃん。あれが常に家にあって、飯食った後、夜それいって」と回想した。

 家にあんこを常備したため、帰宅するとすぐ「あんこ…」と飛びつくように。さらには夕食後に食べて、まだ口にあんこが入っているのに床についたこともあるといい「去年はほんと自分でも『これやったら死ぬな』と思って。よくないじゃん、依存って。お別れしなきゃと思って。今年のお正月、もう買いだめするのはやめようって、それから」とつらい〝別れ〟に目線を落とした。

 これに有吉は「ストイックだね…」とひと言。マツコは「ストイックじゃねえよ! 去年が甘えてたんだよ!」とツッコんでいた。