タレントの加護亜依(35)が22日、自身のユーチューブチャンネル「加護ちゃんねる」を更新。一部で報じられた疑惑に言及した。

 加護は先月、韓国旅行を楽しんだ。この旅行に指定暴力団の現役幹部が同行していたと「SmartFLASH」が報じた。掲載された写真にはプールサイドで刺青をした男性の間でポーズを取った加護が写っている。

 これについて加護は21日、自身の「X」(旧ツイッター)で「驚くほど事実と違う」と反論し「私自身も記事を把握していないので明日、確認した上でお話しさせて頂きます」と投稿していた。

 22日、「加護ちゃんねる」を8時30分ごろに更新すると、動画冒頭で「まず旅行に行ったかということについては、元々親友と韓国旅行に行く約束をしていまして、2人で一緒に行って2人で一緒に帰ってきました」とキッパリ。

 特定の人物から、旅行代金などの金銭を払ってもらっていた疑惑についても「全く払ってもらっていません。自分のお金で飛行機を取り、ホテルも取っております」とコメントすると、本名での領収書を公開した。

 また「韓国に行く2日前に知り合いのママ友からラインが来た」といい、その友人と飛行機は別々に搭乗し、現地のホテルで再会したという。

「(ホテルの)お手洗いで合流して『久しぶり』って。で、お手洗いから出たら紹介していただいたのが、2人だったんです。名前も紹介されてなくて『はじめましてどうも』って感じで。そのあと一緒に行っていた友達とプールサイドでゆっくりしていたら、写真に映ってる2人が来て『写真撮りませんか』って言ってきて『いいですよ』って言っちゃったんですけど、まさかお二方の内の1人が反社の人だとは認識していなかった。私の軽率な行動が今回の件になってしまったことは、ファンの皆様にはご心配をおかけしました」と後悔の表情だ。

 最後に「全く関係ありません!」と改めて領収書を見せつけ「ホントに楽しみたかった旅行がこんなことになるとは思っていなかったので、私自身ビックリしてます。軽率な行動を取らないように気を付けて参ります」と話した。