タレントの加護亜依(35)が21日「X」(旧ツイッター)を更新。一部で報じられた疑惑に言及した。

 加護は先月に韓国に旅行を楽しんだ。しかし、この際に指定暴力団の現役幹部が同行したと「SmartFLASH」が報じた。掲載された写真はプールサイドで刺青をした男性の間でポーズを取った加護が写っている。

 これについて加護は「驚くほど事実と違う事が多いので、今日中にYouTube撮ってアップします!」と投稿。

 その後、加護は「今回の件に関するYouTubeですが、私自身も記事を把握していないので明日、確認した上でお話しさせて頂きます」と今日中のアップをやめ、22日に動画を配信することを明言している。