元「King&Prince」(キンプリ)の神宮寺勇太(25)はコンサートを開催できるのか。29日、滝沢秀明氏が立ち上げた新会社「TOBE」の公式LINEで「早くコンサートしたい!」とファンにメッセージを送った。これまでならハードルは高かったが、今なら手を挙げる大手レコード会社も出てきそうだという。開催の現実度を占ってみると――。

 神宮寺と平野紫耀(26)は今月7日にTOBEに合流。同会社は20日に公式LINEを開設し、29日には神宮寺がファンへメッセージを送った。その中では「最近はスタッフさん達と打ち合わせしてます!」と近況を報告し、「早くコンサートしたい! またコンサートになったらしっかりみんなが喜んでもらえるように考えるね! 俺たちも楽しむし! そんな近況というか、僕の心の中の気持ちでした!」とつづった。

 コンサートについては7日に合流した際の公式ユーチューブでも、平野が「コンサートをすごくたくさんやりたいなと思っている」と話していたように、2人が興味を持つ活動の一つ。だが、ジャニーズ事務所を退所した元所属タレントがコンサートを開催するのは簡単ではない。

 ある音楽関係者は「辞めジャニがジャニーズ時代の歌を披露するのはハードルが高いとされています。巨大芸能事務所だし、後々いろいろと問題が生じるのではないかと言われているからです。実際、あまり歌われていません」と指摘する。

 そんな背景があるため、コンサートを開催するのであれば新曲が必要になってくる。

「現段階ですでにTOBEとタッグを組んでいる大手のレコード会社はないとみられています。当面は自社レーベルを作って新曲を出していくという形になるのではないでしょうか」(同)

 滝沢氏の元にはタレントだけでなく、優秀なジャニーズスタッフも集結しつつある。それだけに、ある業界関係者は「新曲作成も徐々に進んでいるという話も聞きますし、コンサート開催は夢物語ではない」と話す。

 さらに、ここにきてジャニーズ事務所の性加害問題が国内外で波紋を呼んでおり、国連まで動いている。そうなると「TOBEと一緒にやる」と決断する大手レコード会社が出てきても不思議ではないという。

「性加害問題で揺れている中では、新しいグループをデビューさせづらい。だったら、勢いのあるTOBEと組みたいというところは出てくるでしょう。特に平野と神宮寺はファンも多く、一定の売り上げのめども立つ。ジャニーズタレントを受け持つレコード会社の上層部の中には『既存のグループの売り上げが芳しくなければTOBEと組んでもいい』と考える者もいるぐらいです」(同)

 音楽業界でも大きなうねりになってくるのか。TOBEから目が離せそうにない。