公共放送がコロナ報道を巡って大炎上している。15日放送のNHK報道番組「ニュースウオッチ9」で新型コロナウイルスのワクチン接種後に家族が亡くなったと訴えている遺族の発言を伏せ、コロナ感染によって死亡したかのように報じた問題で、NHKは16日、同番組の公式SNS上で謝罪。ただ、波紋は広がり続けている。

 同番組のツイッターは「5月15日放送の『新型コロナ5類移行一週間・戻りつつある日常』と題した動画をツイッターでも配信しましたが、コロナウイルスに感染して亡くなったと受け取られるように伝え、ワクチンが原因で亡くなったというご遺族の訴えを伝えていませんでした。適切ではありませんでした。深くおわびいたします」とコメントした。

 だが、あまりに不自然な編集に、ネット上ではNHKの姿勢に憤る声が噴出。漫画家の倉田真由美氏は自身のツイッターで「わざわざワクチン被害者遺族に取材をしながら、ワクチンの『ワ』の字も使わないなんて相当強引で異様な編集作業が行われたということ。なぜそんなことになったのか。取材記者とは別の、大きな強い力が働いたのか。NHK、このまま頬かむりすることは許されない。」と疑問をぶつけた。

 さらには「家族がコロナ(で死なないために打ったワクチン)で死にました。→家族がコロナで死にました。()を削ったらもはやまったく意味が違ってしまう。これをやったNHK。 偏向どころではない、最早捏造」と斬り捨てた。

 立憲民主党の衆議院議員・原口一博氏も倉田氏と同じく〝ねつ造〟と厳しく批判。「放送法を所管する総務省とNHKに説明を求めます。ワクチンによる被害で大切な親族を亡くしたと考えておられる方々のお声をまるでコロナで肉親を亡くしたかのように編集して放送したのは、事実を捻じ曲げた、明らかな放送法違反だと推察します。ねつ造を放送する放送局に公共放送の資格は、ありません。」と法的責任を持ち出して追及した。

 この問題でNHKは、ワクチン接種後に死亡した人の遺族を紹介した団体から放送後に抗議を受けていた。