弁護士の三輪記子氏が3日、ABCテレビ「news おかえり」に出演。大手回転ずしチェーン「スシロー」の迷惑動画問題について解説した。

「スシロー」に関しては、店舗で若い男性客が唾液をつけた指でレーンを流れるすしを触るなどした動画が拡散し大騒動となっている。

 報道によると、「スシロー」は迷惑動画の被害を受け郊外型の店舗でテーブル席と提供レーンの間にアクリル板を設置。湯飲みの洗浄、醤油さしのボトルの入れ替えなどを行った。また、一連のニュースの影響で時価総額が一時約168億円下落したという。

「スシロー」は迷惑行為の当事者と保護者の謝罪を受けたが、警察に出した被害届は取り下げない方針。「引き続き刑事、民事の両面から厳正に対処する」としている。

 三輪氏は民事での損害賠償請求額について聞かれ、「時価総額の下落というのが損害になるのか?とか、当該店舗だけでなく他店舗の設備の入れ替えまで損害に入るかどうか?というのは、未知数。今回の行為と実際に生じた損害の間にどこまで因果関係が認められるかというのは、かなり難しいと思う」と分析。

 その上で「ただ、どこまで認められるかは別だが、かなり高額の金額の損害賠償請求をされる可能性は十分にある。裁判で訴えられるだけでも相当なプレッシャー。対応するのは大変なので、それだけでもやった方は事実上の大きな制裁ということにはなるのかなと思う」と指摘した。

 因果関係が認められそうな部分と難しそうな部分はどこか?という質問には「当該店舗のお醤油さしの入れ替えとか洗浄と、他店舗っていうのはちょっと違うと思う。株価の下落に関しては、その事実だけが影響してるか素人が見て分からない。他の要因もありえるわけで、それはちょっと因果関係を認めるのは難しい思う」と返答した。

スシロー〝ナメナメ犯〟に巨額賠償請求なら… 有名弁護士「親に一定の責任も」 | 東スポWEB

弁護士の三輪記子氏が3日、ABCテレビ「newsおかえり」に出演...

www.tokyo-sports.co.jp
スシロー〝ナメナメ犯〟に巨額賠償請求なら… 有名弁護士「親に一定の責任も」 | 東スポWEB