【貴浩西山のキャビらない話】東京五輪ソフトボール・上野由岐子投手の熱投に泣きました

2021年08月05日 12時00分

メモリアルは金メダル目指して頑張ります!
メモリアルは金メダル目指して頑張ります!

 皆さん、お元気ですか! 西山貴浩でございます。オリンピック盛り上がってますね。ボクたちボートレーサーも宿舎でテレビ観戦をしながら盛り上がっています。やっぱりスポーツは、みんなを元気にするパワーがあります。同じアスリートとして刺激をもらっています。

 ボクが今回のオリンピックで最も楽しみにしていた競技はソフトボールです。投手の上野由岐子さん、すごいですよね。ピッチャーライナーが顔に直撃して顎を骨折したり、大きなケガを乗り越えてのオリンピック。そして、金メダル。決勝戦の日はレースがなかったので、じっくりと観戦することができました。勝った瞬間はメチャクチャ感動して泣いてしまいました。これからは「上野真之介」になったつもりでレースしようかと思っているくらいです(笑い)。

 さて、芦屋のSGオーシャンカップですが…。1走目から6着、6着、6着…。こんなに6着を並べたのは、A1に上がってからはなかったと思います。ストレスで口にヘルペスができてしまいました(泣く)。

 ただ、今回はあらためてファンの皆さまのありがたみを感じましたね。2日目まで3走すべて6着だったにもかかわらず、3日目の前半3Rの1号艇の時はボクの舟券をたくさんのファンの方が買ってくれました。結果が出ていないのに応援してくれる。本当にうれしかったです。「ここは一発ブチこんだる!」と気合を入れて臨んだら4艇の集団フライング…(汗)。5日目には連勝できました。ファンの皆さまに少しは恩返しができたのではないかと思います。

 このオーシャンカップでは残念な事故もありました。ドリーム戦にも出場予定だったマルちゃん(丸野一樹)が試運転で転覆して左手を骨折。ボクも同じケガをしたことがあるんですけど、復帰するまでに3~4か月はかかりました。マルちゃんも同じくらいかかるんじゃないですかね。

 グランプリにも出場できる位置にいるマルちゃんですが、将来、確実にボートレース界を背負っていく存在になる選手です。手術を終えた日に報告の連絡ももらいましたが、マルちゃんには「絶対に無理しちゃダメだよ。きちんと治さないと後に響くこともある。悔しいかもしれないけど、今後のために、今年はあきらめるくらいの気持ちで治療に専念した方がいいよ」と伝えました。

 今月のSGは蒲郡メモリアルです。ファンが選んでくれるオールスター、ボート場が推薦してくれるメモリアル。この2つは特別な思いがあります。推薦してくれた関係者の皆さまに恩返しできるように頑張ります。グランデ5対象レースなので、優勝戦3着まではメダルがもらえます。「金メダル」目指して頑張ります!

☆にしやま・たかひろ 1987年5月15日生まれ。福岡支部の97期生。2005年11月の若松でデビュー。2008年9月の若松で初優勝。2020年9月の徳山ダイヤモンドカップでGⅠ初優勝。同年12月にはグランプリ初出場で初優出。SG優勝は未経験。通算41V(GⅠ2V)。今年の獲得賞金額は4490万2532円(14位=オーシャンC終了時点)。座右の銘は「笑う門には福来る」。トーク力、開会セレモニーのパフォーマンスはボートレーサーの中でも随一。「ボート界のエンターテイナー」としてレースはもちろん陸に上がってもファンを楽しませている。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ