【山陽オート・ミッドナイト】地元の青木隆浩 自身初の4連勝に意気盛ん

2021年04月26日 15時02分

連勝を4に伸ばした青木隆浩

 山陽ミッドナイトオートレースは26日が2日目。4~9Rで準々決勝戦が行われる。25日の初日は全レース良走路で争われ、主力陣では阿部剛士(43=川口)、黒岩明(44=川口)が白星発進に成功した。

 今節がミッドナイトデビュー戦の34期勢は山本翔(28=山陽)、松尾彩(32=山陽)の地元コンビが幸先良く1着ゴールを決めたが、石川哲也(26=伊勢崎)は5着で準々決勝戦入りを逃した。初日5Rでは、地元の青木隆浩(30=山陽)が1着ゴールを決めて、補充で3走した前節のGⅠ第2回令和グランドチャンピオンカップからの連勝を4に伸ばした。

 3車並びの20H最インに構えた青木は、同ハンの先手を取ると一気に加速して10H前の川原剛(43=川口)を叩いていきなり2番手につける。逃げる別府末彦(69=山陽)を2周3~4コーナーでまくって首位に立ち、そのまま押し切った。

「4連勝は初めてです。展開が良かった。エンジンはいつものミッドナイトのセットにしました。試走は止まりすぎる感じだったけど、レースでは乗りやすかった。ベースは悪くないと思うので、キャブ調整をまた試して、いい方でいく」

 状態は前節から引き続き良好。準々決勝戦6Rも万全の態勢で臨み白星を積み重ねる。

関連タグ: