メーガン妃が16億円の米豪邸を手放して引っ越し計画か=英紙報道

2022年01月03日 12時26分

メーガン妃とヘンリー王子(ロイター)
メーガン妃とヘンリー王子(ロイター)

 ヘンリー王子&メーガン妃は2020年に米カリフォルニア州の高級住宅地・モンテシトに購入した約16億円の豪邸を手放し、引っ越すことを計画していると英紙デーリー・メールが伝えた。理由は「2人がこの物件に満足していないため」だという。

 同紙によると、サセックス公夫妻は長男アーチー君(2)と昨年誕生した長女リリベットちゃんの子育てにより適した場所を求め、すでに新たな家探しを始めているという。

 夫妻はモンテシトの邸宅で2人の子供と一緒に初めてのクリスマスを迎えたばかりで、その際にはクリスマスカードでリリベットちゃんを初披露していた。

 内部関係者はメール紙に「彼らは現在の家を売却することを考えているが、2人の立場もあり一般市場での取引はない」とし、「十分な資金があって真剣に購入を検討している人たちだけを対象に内覧させているからだ」と明かした。

「2人は今住んでいるこの地域か近くに住み続けたいが、今の物件と立地には満足していない」と同関係者は付け加えた。

 現在の邸宅は20年8月に購入したもので、9つの寝室に16のバスルームのほか、図書室や書斎、フィットネスジムにワインセラー、プライベートシアターなどを完備。広大な敷地にはテニスコートやプール、ローズガーデン、ゲストハウス、子供用コテージにティールームなどがある。

 メーガン妃は40歳の誕生日迎えた昨年8月、SNSで豪邸内部を紹介。また、同妃は米公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」にゲスト出演した際にも家の中を披露していた。

関連タグ: