アップアップガールズ(仮)がダイノジとタッグ 「ヤバイ楽曲コンテスト」開催!

2021年07月29日 09時35分

大谷ノブ彦(左)とアップアップガールズ(仮)
大谷ノブ彦(左)とアップアップガールズ(仮)

 アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」(リーダー・関根梓=25)が28日に都内で新シングル「一歩目のYES!/宣戦 Brand New World!」リリース記念イベントを行い、お笑いコンビ「ダイノジ」とのタッグ企画「ダイノジ×アップアップガールズ(仮)『アプガのヤバイ楽曲コンテスト』」開催を発表した。

 同企画は若手クリエーターを対象とした楽曲コンテスト。インディーズおよび新人アーティストの活動を支援するサービス「Eggs」で「ヤバイ楽曲」を募集し、優秀作品には、最優秀賞含め賞金総額100万円、および楽曲リリースなどの副賞もある。

 イベントにはダイノジ・大谷ノブ彦がゲスト出演した。

 大谷は「タイトル通り、ヤバい曲を募集したいと思ってます。今回、これからの音楽業界をさらに盛り上げてもらうために、若手バンドやクリエーターを中心に作品を募集したいと思います。その選ばれたヤバい曲を、新しくなったアップアップガールズ(仮)に提供し、新しい才能同士のぶつかりあいが生まれるヤバい展開を目指します!」と新企画の趣旨を語る。

 アプガ・工藤菫(20)は「みなさまからの楽曲が歌えるのはめったにない機会ですし、どんなヤバい曲が来るのかすごく楽しみです! 今からワクワクしてます!」と楽曲コンテストへの期待を口にした。リーダー・関根は「楽曲コンテストを機に、音楽フェスを開催したい!」とさらなる野望を口にした。

 その後の楽曲披露では、新曲や伝説のアイドルグループ「℃―ute」の〝ヤバい〟人気曲「Danceでバコーン!」も披露。ヤバいコラボでイベントを盛り上げた。

関連タグ:
 

ピックアップ