おぎやはぎ矢作 菅首相の小林賢太郎氏〝言語道断〟発言に怒り「腹が立つ」「あれはひどい」

2021年07月23日 16時50分

矢作兼

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」(小木博明、矢作兼)が22日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演。東京五輪開会式の制作、演出を担当していた小林賢太郎氏の解任騒動について言及した。

 小林氏は元お笑いコンビ「ラーメンズ」として知られ、2人は「同じ釜の飯を食ったと言っていい」関係だという。

 今回の騒動について矢作は「コバケン(小林氏)の出した謝罪文、あれがすべてだよな。許すも許さないもなにも、あれがすべてで。これ以上とやかく言うことない」とコメント。小木もそれに同意した上で「十分反省してるから、この後の活動に関しては今まで通りというか、許してあげてほしいと思ってる」と訴えた。

 一方、この解任劇に、菅義偉首相はこの日、「言語道断だ。全く受け入れられない」と発言。これを踏まえ矢作は「国際的な行事にかかわる人がそういうことを過去に言ってたっていうことは、辞めてもらうことも『いたしかたない』っていうぐらいの言い方だったら納得できるけど、『言語道断』っていうのはちょっと腹が立つ」「俺は(政権批判は)言いたくない人なのよ。その俺が、あれはひどいと思う。『言語道断』っていうのは」と憤慨した。

 かたや小木は「誰が言ったの?」とトボけつつ「(言い方が)きついわね。確かにね」とうなずいていた。

関連タグ: