アプガ(2)鍛冶島彩が特技「鼻リコーダー」で新曲イベント開演式

2021年07月15日 20時29分

鼻リコーダーを演奏する鍛治島彩
鼻リコーダーを演奏する鍛治島彩

 アイドルグループ「アップアップガールズ(2)」(リーダー・高萩千夏=23、吉川茉優=22、鍛冶島彩=21、中川千尋=16、佐々木ほのか=14、森永新菜=18、島崎友莉亜=18、新倉愛海=16)が15日、東京・渋谷区の「MAG's PARK」でデジタルリリースする新シングル「にきちゃんわんだーらんど」発売記念イベントを行った。

 同曲は鼻でリコーダーを吹くという「鼻リコーダー」の特技を持つメンバー、鍛冶島が作曲、森永がラップ詞を手掛けた。アプガ(2)らしい楽しさにあふれたアップテンポ曲となっている。

 渋谷のど真ん中にあるファッションビルの屋上にあるステージで、アプガ(2)は「渋谷じゅうに届けるよ!」とパフォーマンスをスタート。

 鍛冶島は「こうやってイベントができることがうれしいです! しかも新曲は私が作曲したということで、これから開演式をさせていただきます!」と、お尻のポケットからリコーダーを取り出すと、「ピー、ピピピ、ピピピー、ピピピピー…」中央競馬の「G1ファンファーレ」(関東、作曲・すぎやまこういち)を披露。ファンも手拍子で応えた。

 トーク中には、この夏に東名阪ツアーを行うことをサプライズ発表。その後、新曲「にきちゃんわんだーらんど」を披露。ファンも大盛り上がりだった。

関連タグ:
 

ピックアップ