ブラマヨ吉田敬 日本と英国のコロナデータ比較し「日本ののらりくらり殺法が成功」

2021年05月18日 14時12分

ブラマヨ吉田

 18日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」では日本国内や世界で猛威をふるう新型コロナウイルス「インド株」について議論した。

 この中でインド株の危機にさらされている英国ジョンソン首相が会見を開きインド株の危険性を訴え、2回目のワクチン接種を急ぐ方針を明らかにしたことでMCの坂上忍は「日本と比較してリーダーがすぐメッセージを出すスピード感がいい。分かりやすい」と評価した。

 これに対し、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一は「ジョンソンさんは分かりやすいと思う。ただ、日本は亡くなっている方もいて残念ではあるけど、データを見ると(感染者などの)数字は日本の方が少ない。英国のロックダウンみたいな急激なことは必要ない派なので、日本のやり方があっていい」と私見を述べた。
 
 また、吉田敬は「ジョンソンさんは責任の所在がはっきりしていて気持ちいい。でも数字を見ると日本の方が優秀。日本ののらりくらり殺法が成功していると思う」と明確な説明をしない日本のやり方を肯定的に捉えた上で「ただし、リスクがあるのは高齢者なので、高齢者にワクチンが行き渡るまで待ってくれ、みたいなことを言ってほしい」と政府へアナウンスを求めた。

関連タグ: