劇団ひとり 台湾のコロナ対策に仰天 新規感染者数平均はたった3人!

2021年05月01日 14時10分

劇団ひとり

 お笑い芸人の劇団ひとり(44)が、1日放送のテレビ朝日系「中居正広のニュースな会」に出演し、台湾で行われている新型コロナ対策に言及した。

 番組では、新型コロナウイルス感染対策の成功例として台湾で行われている措置を特集。現在、人口2357万人の台湾では、新規感染者数の平均が3・03人。これにひとりは「もうちょっとでなくなっちゃいますね」と驚いた。

 台湾では、国外からの入国者に対して徹底した隔離を行っており、濃厚接触者や台湾に戻ってきた人など隔離対象者には台湾産のsimカードが入った携帯電話を渡しているという。

 当局はその電波状況をチェックしており、対象者が隔離場所から出た場合は、日本円で最大約400万円の罰金が科される。感染者が抑え込まれていることから、飲食店が休業したり時短要請を受けることもないという。

 ひとりは「たらればになっちゃいますけど、全く同じ対応を各国でやってたら台湾と同じように防げたかというと、僕はそれは疑問に思う。いろんな要素が絡んでいるから、同じことやってもうまくいくとは限らないと思う」と持論を展開した。

関連タグ: