脳科学者・茂木氏「zoom独演会の可能性を感じた村本ライブ」

2020年04月17日 13時33分

茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏(57)が17日、ブログを更新し、ウーマンラッシュアワー・村本大輔(39)のオンラインライブ視聴経験について語った。

「昨日、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんがzoomをつかったライブをやるというので、予約して見てみた!そうしたら、本当に普通のzoomで、参加者の顔がみんな見えるし、音も聞こえる(笑)。ぼくは音声も映像もオフにしておいたけど、ぼくのサムネールの写真は出ている。誰かが、『茂木先生もいる』とか言っているのが聞こえた」と茂木氏も驚いたようだ。

「時間になって村本さんが話し始めたんだけど、その際、独演会だから音声や映像はオフになっているのがいいかというとそうでもないらしく、何しろコメディだから、笑い声とか反応とかが見えた方が演者の村本さんもやりやすい。だから、多くの人が音声や映像をオンにしていて、拍手や笑い声も聞こえるんだけど、ときどき、子どもの声や炊飯器が炊きあがった音とかも聞こえる(笑)。すごくふしぎな雰囲気だった」と参加者の様子も報告。

 独演会は「話はとっても面白かった!爆笑ネタ多数!さすが村本さん!そして、気付かされる。考えさせられる。笑いは、真実に至る道だね。村本さん、このところ、スタンダップの独演会をたくさんやってきたから、その経験値が凄い」と村本の“芸”に感心した様子。

 最後に「現実の会場では、お互いに気をつかって、笑うタイミングを合わせたりしようとするけれども、zoomだと、それぞれ自分の部屋でリラックスしているから、思い思いのタイミングで笑って、日本人にはこっちの方が向いている点もあるのではないかと村本さんは言っていた。なるほどと思う。zoom独演会の可能性を感じた。これからの進化が楽しみだ」と結んでいる。