大麻逮捕の元HKT谷口愛理容疑者 グラビア復活後に何があった?

2020年04月16日 22時17分

谷口愛理容疑者

 福岡を拠点に活動する「HKT48」元メンバーの谷口愛理容疑者(21)が16日、大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警西署に逮捕された。

 谷口容疑者は3月26日、福岡市の自宅マンションで乾燥大麻を所持していたという。

 谷口容疑者は2011年に行われたHKT48第1期オーディションに合格。チームHの美少女メンバーとして注目されたが、翌12年8月、菅本裕子とともに5人が突然の大量卒業。運営側は「一身上の都合により、HKT48メンバーとしての活動を辞退したい」と申し出があったと説明した。

 14年から芸能活動を再開し、美少女女子高生を決めるヤングジャンプ「制コレアルティメット2014」ではグランプリに輝いている。グラビア界で注目の存在となり、同年11月にファーストDVD「ファーストらぶ」、15年3月にセカンドDVD「あいりす」をリリース。東京・秋葉原で行われた発売記念イベントでは古巣HKTについて「時々テレビで同期の子を見て頑張っているなと思う。連絡とかは取っていないです」と話していた。

 東京と福岡にオフィスを構える芸能事務所の公式サイトに名前が掲載されているが、16年以降に目立った活動はしておらず、「住所不定、アルバイト」と報じられている。