市井紗耶香「政界入り再挑戦」の可能性 事務所が3か月のスピード契約解除

2020年02月07日 17時00分

市井紗耶香

 元「モーニング娘。」でタレントの市井紗耶香(36)が、再び芸能活動をセーブか――。

 市井は昨年7月の参院選で、立憲民主党から比例代表で出馬して落選。同10月の本紙インタビューで芸能界に復帰する意気込みを語った。

 翌11月から、自身の個人事務所エスダブルと元タレントの中野尚美氏が代表を務める芸能事務所アルカンシェル(以下、ア社)が業務提携を開始。ア社は、同じく元モー娘でタレントの加護亜依(31)が、かつて所属した事務所でもあった。

 中野氏は今月6日、自身のブログで市井との業務提携について「契約解除を致しました」と発表。先月中旬にア社から市井側に解除を申し入れ、5日に合意に至ったという。わずか3か月の“スピード解約”だ。

 中野氏は「短い契約期間でしたので語らずともご理解頂けると存じます」「この件について弊社も反省」などとも触れており、両者間に問題が発生したとみられる。

 一方、市井は同日、自身のブログで「円満合意解約致しました」と、あくまで「円満」と強調。中野氏やア社に「大変お世話になり、感謝申し上げます」と記した。

 今後については市井が来週16日に都内で開催される「立憲フェス2020(立憲民主党大会)」に参加するなど、政界入り再挑戦も取りざたされるが「新型コロナウイルスの蔓延で、今年早期の衆院解散は消えた。夏には東京都知事選や東京五輪・パラリンピックが控えていて、今年前半の衆院解散も現実的ではない」(永田町関係者)。

 衆院選を視野に入れて契約解除に同意したわけではなさそう。

 プライベートでは1男3女を育てるママであり、市井の知人によれば、子供たちの学業や受験準備に追われ、タレントとして稼働しづらくなっていた面はあるという。

 昨年11月にリスタートを切ったものの、結局、芸能活動は控えざるを得なかったのか。