「日本エレキテル連合」中野聡子と電撃婚の松尾アトム前派出所「完璧に感電しました」

2020年01月18日 19時00分

中野聡子

 お笑いコンビ「日本エレキテル連合」中野聡子(36)と18日に入籍した、お笑い芸人・松尾アトム前派出所(41)が所属する「タイタン」の公式ホームページでコメントを発表した。

 松尾は芸人をしながら、地元・長野県でりんご農家を営む“半農半芸”のお笑い芸人。持ちネタは、リンゴが落下する形態模写で「ニュートン!」という“リンゴギャグ”のほか、野球漫画界の巨匠・水島新司氏の漫画に出てきそうなキャラクターに扮した漫談などを得意とする。

 松尾は「皆様お世話になっております。タイタンの松尾アトム派出所という者です。僕のことをご存じない方が多いと思いますので知らないおじさんから結婚報告されたというカタチになる方もいるでしょうが結婚の報告をさせていただきます」と報告。

 さらに「タイタンに入団して6年。出会って6年。当初バーター仕事をいただいて『エレキテル様!』と呼んでいた期間2年。この人かわいいなと思えて『なかパン』と女子アナみたいに呼んでいた期間2年。さらに女として見始めて『キモイ!』と言われ続けて2年。交際期間0日。この度 日本エレキテル連合中野聡子さんに完璧に感電しましたので結婚させていただきます」と“交際0日婚”であることを明かした。

 最後は「とても大切にします宣言。今後とも宜しくお願い致します」と中野を幸せにすることを誓った。