フジモン「ロンハーSP」でタピオカ騒動いじられ謝罪「おじたんって言うな」

2019年12月20日 21時32分

藤本敏史

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の“フジモンこと藤本敏史(49)が20日放送のテレビ朝日系「ロンドンハーツ 3時間SP」に出演。妻・木下優樹菜(32)が起こした“タピオカ恫喝騒動”をイジられ謝罪するひと幕があった。

 番組では「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(46)ら21人の芸人が参加する「ロンハースポーツテスト」を実施。「EXIT」(りんたろー。=33、兼近大樹=28)、カンニング竹山(48)、有吉弘行(45)らが意気込むと、淳は「おじさんたちは気をつけてくださいね。水分補給もしっかりと…あの、タピオカとかも用意してますから」と燃料投下。笑いと拍手の中、表情を硬くしたフジモンは「すいませんでした」と大声を上げ、頭を下げて謝罪。参加芸人の笑いの中、有吉はユッキーナがDMでタピオカ店オーナーを「おばたん」呼ばわりしたことを持ち出し「おじたん、なんで謝んの?」と追撃。フジモンは「おじたんって言うな!」と返すと、さらに笑いが起きた。

 ユッキーナは実姉が勤務したタピオカドリンク店の関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送ったことが騒動になった。先月18日、所属事務所を通じて「ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し活動休止を発表した。