堀北真希 山本耕史の“軽口”に激オコ

2019年04月18日 11時01分

第2子出産を前に山本(左)に激怒しているという堀北

 第2子を今月出産予定と一部で報じられた女優休業中の堀北真希(30)と、俳優・山本耕史(42)夫妻に亀裂!? 2015年に電撃婚し、翌年、第1子をもうけ、ハッピーな結婚生活を送っていると伝えられていた夫婦だが、実際は違ったようだ。山本の言動をめぐり、堀北が激怒しているという。出産に備え実家に戻った堀北が、最悪の場合、このまま子供とともに別居する可能性が浮上している。

「堀北は『もう我慢の限界に達した』と相当な勢いで怒っています。原因は夫・山本のあまりの無神経さだというんです」と語るのは2人を知る関係者だ。
 その発端となったのは今月出産予定と言われる第2子の妊娠だった。さらには意外な堀北の意向も漏れ伝わってきた。

「2017年2月末で芸能界を引退したとされる堀北ですが、当初は第1子の子育てが一段落した段階で、女優として復帰することを考えていたんです。ところが、予期せぬ形で2人目ができてしまった。妊娠自体は授かりものとして納得しているのですが、その妊娠をめぐって、山本の言動がどうしても許せない!と激怒した出来事があったそうです」(関係者)

 山本といえば、新幹線車内で堀北にいきなりプロポーズし“交際0日婚”を成功させたことで知られる。その人柄は、温厚で情け深い男というのが芸能界での評判だ。

「強いて欠点を挙げれば女好きという点くらいですが、結婚後はそれもなくなった。堀北を激怒させることになったのは、おしゃべりな部分。悪意はないのですが、堀北のことが大好きなあまり、さまざまな夫婦のプライベートを周囲に自慢し、ペラペラ話してしまうんです。それに堀北は我慢ならなかった。最初に怒らせたのは結婚時に『彼女は女優業を諦めて子育てに専念する』と、まるで確定しているように漏らしたこと。そして今回は第2子の妊娠を周囲に自慢したことだった。その無神経発言で、女性週刊誌にかぎつけられ、臨月のおなかで買い物をする姿が撮られてしまった」(事情通)

 堀北としては、妊娠・出産の間は穏やかに過ごしたかったという。また、いずれ女優復帰したときのためにも、余計なイメージを出すのを避けたかったようだ。

 そもそも2人の生活スタイル、性格は水と油とも言われていた。

「堀北はバリバリ仕事をしているころから神経質で有名でした。結婚した直後も、潔癖症の堀北が山本の私物の多さに怒りを通り越してあきれているという報道もありました。それも乗り越え、第1子を出産し、2年が過ぎたところだったのです」(同)

 現在、堀北は出産に備えて都内の実家に身を寄せているという。

「2歳の子供を抱え、妊娠し、精神的に落ち着かないのもあって、早めに里帰りしたようです。ただ、このところの夫婦の雰囲気からは最悪の場合、このまま別居になるかもしれない。今月、無事出産し落ち着いて、愛しているがゆえの旦那のおしゃべりだったと納得できればいいのですが…」(同)

 所属事務所退所から2年。いまだに第2子妊娠がニュースになるほど注目を集めるのは、人気女優ならでは。本人も女優復帰に前向きなことが判明したことで、出産後は再び、復帰話のオファーが殺到しそうだ。

「復帰となれば、逆に山本が“主夫”になるのでは?」(芸能プロ関係者)とも言われている。女優復帰と夫婦関係の行方はいかに――。