ベトナムの人気モデルが46歳年上の米大富豪と破局 ミス・ユニバースに出場で台風の目に?

2021年04月25日 10時00分

愛を実らせたカップルもいれば…(写真はイメージ=ロイター)

【アツいアジアから旬ネタ直送 亜細亜スポーツ】ベトナムで前代未聞の46歳差カップルが破局し、お騒がせの的になっている。

 渦中のベトナム人女性は、「コ・ガン」の愛称をもつ27歳のコ・ティ・キム・ガン。ファッション業界では人気のモデルで、T170・B84・W62・H94と、プロポーションは抜群だ。

 お相手は、アメリカ人大富豪ウィン・カッツ氏(73)で、高級バッグなどのブランドデザイナー兼CEOとして知られる。一昨年の1月、カッツ氏は仕事でベトナムを訪れ、コ・ガンと出会い一目ぼれした。

 現地ニュースサイト「タン・ミエン」によると「カッツ氏はコ・ガンの脚線美とファッションセンスに魅了され、その晩のうちに口説いた。帰国間際に告白し『恋人になれば、勉強でもビジネスでも旅行でも好きなだけ支援できる』と押しまくった」という。

 その結果、コ・ガンは交際を承諾し、それ以降2人で頻繁に世界各地をデート旅行。「ベトナムにいるより、カレと海外にいる方が長かった。高級ホテルでの滞在、高級ブランドでのショッピング…。カレはどんな体験でも許してくれた」と地元メディアに明かし、その年の7月には婚約式も挙げた。

 さまざまな取材で、コ・ガンは「カレと一緒にいると、年の差は感じないの」と話していた。これには「財産狙いだろう」といったネットでのやっかみも多かった。

 そんな指摘をあおるように、コ・ガンは「賢くて現代的な女性なら、弱くて失敗している男性と一緒にいたいとは思わないでしょう。男性の経済力は、その人の能力や精神性の証拠でもあります」などと発言し、炎上を招いたことも。

 地球規模の新型コロナウイルス禍で、昨年から国をまたぐ往来はしにくくなったが、2人は遠距離恋愛を楽しんでいるものとばかり思われていた。ところが今月4日、コ・ガンは突如ライブ動画配信で、カッツ氏との破局を公表。その原因については、会えない時間が長くなり心が離れたこと、カッツ氏の娘との関係がうまくいっていなかったことなどを挙げた。

 2年余りでの破局には「カレからもう十分な財産をもらったんだろう」とネットで批判が噴出。そんな中、さる11日にコ・ガンは、これまた突然「ミスユニバース・ベトナム2021」への出場を発表し、オンラインでの写真コンテストにエントリーした。

 本人いわく「子供の頃からの夢だった」とのこと。外見だけでなく内面の美や社会性、国際性を求められる“美のオリンピック”で、台風の目になる!?(室橋裕和)

 ☆むろはし・ひろかず 1974年生まれ。週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。現地日本語情報誌でデスクを務め、2014年に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。最新著書は「ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く」(辰巳出版)。

【関連記事】

関連タグ: