赤西仁 ジャニーズ圧力疑惑に「日本のエンタメがどんどんつまらなくなっていく」

2019年07月18日 20時30分

赤西仁

 アイドルグループ「KAT‐TUN」の元メンバーで歌手の赤西仁(35)が18日、自身のツイッターを更新。ジャニーズ事務所が、同事務所を約2年前に退所した元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人をテレビに出演させないよう、民放局などに圧力をかけていた疑いがあるとして公正取引委員会から注意を受けた問題に言及した。

 赤西は「ジャニーズ事務所か公取委から注意を受けた」ニュースのツイートを引用し、「こうゆうのが蔓延ってるから日本のエンタメがどんどんつまらなくなっていくの。日本TVの作品もずっと同じクオリティでぐるぐる」とつぶやいた。

 ジャニーズ事務所は17日深夜に「圧力」を否定するコメントを公式サイトに掲載。赤西は“釈明”に対して「でも”圧力をかけている“という風に見えないように忖度を自主的にさせるように仕向けてたとしても、ちゃんと独禁法にひっかかるのだろうか?」と疑問を投げかけた。最後にはハッシュタグを付け「#忖度沢山 」「#才能が育たない」とメッセージをつづった。