AKB48柏木由紀に驚愕プロジェクト! BiSHらWACK全7グループに加入し新曲制作

2021年04月09日 21時00分

WACK所属の全7グループへの加入が決定した柏木由紀

 AKB48柏木由紀(29)が9日、ユーチューブの公式アーティストチャンネルを更新。音楽事務所WACK所属のBiSH、BiS、豆柴の大群ら全7グループすべてに柏木が加入することが明らかになった。

 3月3日にCDとしては7年5か月ぶりとなるニューシングル「CAN YOU WALK WITH ME??」を、WACK代表取締役・渡辺淳之介氏を新プロデューサーに迎えてリリースした柏木。渡辺氏がプロデューサー続投のうえ、第2弾プロジェクトをユーチューブのチャンネルである“柏木由紀―YouTube Official Channel”で「WACK所属の全7グループに柏木由紀が加入しての新曲制作」が発表された。

 次週以降、各グループとの出会いの模様を同チャンネルにアップ予定。WACK所属のBiSH、BiS、EMPiRE、豆柴の大群、PARADISES、GO TO THE BEDS、ASPの7グループそれぞれに柏木が加入し、新たな楽曲制作に臨むことになる(リリース時期は現在未発表)。

 渡辺氏から「所属の全グループに加入していただきます」と新プロジェクトを告げられると、柏木は「え! え…心臓バクバクやば」と驚きと動揺。「BiSHの一員として…」と続けると、柏木は「大丈夫?」と不安げ。それでも渡辺氏は「AKB48の王道を捨て、邪道を存分に堪能」というテーマを掲げ、「邪道を知ることで王道の良さも際立つ」などと〝WACKの柏木〟になることを求めた。

 ただ、1月の記者会見でもサプライズ共演した豆柴の大群のアドバイザーである、安田大サーカスのクロちゃんも確実に絡んでくることが明かされると、柏木は思わず「最悪!」との絶叫。

 その後、動画では渡辺氏から「WACKの歴史」が語られ、“ももクロ襲撃”や“コシノジュンコ加入”などキャッチーなワードのほかに、文字にすることもはばかられる“パワーワード天国なWACKの歴史”を学ぶうちに、柏木も次第に覚悟を固め出す。ただ、渡辺氏の「やるしかないので」という言葉に「それは私が言うことなので(笑い)」と柏木。「やるからには楽しんでやるしかない」という渡辺氏の言葉で、今回の新プロジェクト発表は締めくくられた。

 動画ラストには次回予告として、BiSHのメンバーたちと柏木が円陣を組む模様が。BiSHファンにはおなじみの“あの掛け声”は音声オフのため、今回の動画では確認できないが、果たして、次回の動画で柏木の口からまさかまさかの「○○○!」という王道アイドルには(いや、そうでなくても)禁断のワードが発せられたのか? 気になる展開での幕切れとなっている。

関連タグ: