JOYがツイッターで絶縁宣言・ブチギレた芸人「実名」 ラブちゃんが意味深ツイート

2018年12月20日 11時30分

ツイッターで怒りをぶちまけたJOY

 タレントのJOY(33)が、ある芸人にブチギレた問題が大騒動になっている。JOYは自身のツイッターで「ここまで人にイライラさせられたのは初」と相手に“絶縁宣言”。肝心の名前が記されていなかったことから「いったい誰なんだ!?」と若手芸人たちがパニックに陥っている。そうしたなか19日、本紙連載「LOVEフォーチュン」(隔週金曜掲載)でおなじみの“カリスマ占い師”「Love Me Do」ことラブちゃん(年齢非公表)が意味深なツイート。本紙が追跡取材したところ、1人の芸人の名前が浮上した。

 騒動の発端は15日につぶやかれたJOYのツイッターだ。そこには「後輩の芸人とはもう縁切り」とした上でこうつづられている。

「ここまで人にイライラさせられたのは初」「『あいつは絶対恩も返さないで適当になるぞ』 ずっと前からそう予言してた先輩の言葉を信じなかった自分が恥ずかしい」「人としての筋も通せない、世話になった人をなめきってる あんないい加減な奴がこの世界で売れる可能性はゼロ」(原文ママ)

 端整なマスクとトーク力で広く親しまれているJOYが、このような強い調子で後輩を糾弾するのは何とも意外。よほど腹に据えかねることがあったのだろう。

 だが芸人の名が記されていなかったため、騒動に発展した。

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹がツイッターで「確認いいですか?あれはマジで俺じゃないんですよね?」とつぶやけば、ネット民から疑惑の目を向けられた「安田大サーカス」のクロちゃんが「クロちゃんじゃないしんよー!」と否定するなど大混乱。他の芸人たちも「もしかしてオレのことではないか?」と疑心暗鬼に陥っているという。

 ワイドショー関係者は「ネット上では“犯人捜し”が始まっています。コロコロチキチキペッパーズのナダルともいわれたが、実際のところ、誰なのか分からないですね」と語った。

 そうしたなか、ラブちゃんが19日「JOYの後輩芸人の怒っているニュースなんですが、私が紹介した後輩で…。2015年9月21日の『FC MEN VS Love Me JAPAN』のサッカーの試合の時が始まりで…。私がJOYの所に謝りに行かないといけないかな…」とツイートしたのだ。

 本紙はさっそく直撃したが、よほど深い事情があるのか、ラブちゃんは「名前を明かすことはできません」。いったい誰なのか――。情報が錯綜するなか追跡したところ、複数の関係者からの情報で1人の芸人が浮かび上がった。それは「イージー蓮見」というピン芸人だ。

 お笑い関係者は「今は芸人ですが、もともとは静岡産業大学でサッカーをやっていました。その関係でJOYさんに気に入られたみたいですよ」と明かす。

 JOYは自分でも「FCゴースト」というフットサルチームを主宰するほど根っからのサッカー好き。サッカー経験者だった蓮見を気に入り、誘うようになったという。

 テレビ関係者もこう口を揃える。

「確かにJOYはFCゴーストに蓮見を加えてやっていました。今年1月に行われた芸能人たちのサッカー試合『音蹴杯』にはMr.Childrenの桜井和寿やNEWSの手越祐也とともにJOYと蓮見は出場しています。それだけではありません。少しでも露出を増やしてあげようと群馬のテレビ番組などに蓮見を出させるなどした。JOYは公私にわたって蓮見の面倒を見ていたのです」

 もし蓮見ならば、2人の間に何らかのいさかいがあったとみられる。

 同関係者は「蓮見はZOZOの前澤友作社長のモノマネで這い上がろうとしていますが、まだ無名です。芸を磨きたいのに、JOYから『これから飲もうよ』とかあれこれ誘われることが煩わしくなったのでは?」と推測する。

 もちろん、JOYにしてみれば、よかれと思ってやったこと。裏切られたと感じても無理はないが、果たして真相は?