女優宮沢りえ(41)の母で所属事務所代表の宮沢光子さんが、肝腫瘍のため23日に死去していたことが24日、同事務所から公表された。65歳だった。光子さんは一卵性母娘と呼ばれるほど常に宮沢と行動を共にするステージママで、ヘアヌード写真集「Santa Fe」、貴花田(現貴乃花親方)との婚約(のちに解消)など、話題を呼んだ多くの局面でその存在がクローズアップ。“りえママ”は本紙にも幾度となく登場した名物ママだった。

 フランス在住を経て、病気の診断を受けて以降は自宅で療養生活を送っていた光子さん。“りえママ”を語るうえで欠かせないのは1991年に発売された宮沢のヘアヌード写真集「Santa Fe」だろう。

 観月ありさ(37)、牧瀬里穂(42)と並んで3Mと呼ばれ、トップアイドルだった18歳のりえを突如、自らのプロデュースで脱がせ、篠山紀信氏が撮影した作品は155万部というタレント・女優写真集としての売り上げ部数記録を樹立した。

「りえママは篠山氏の提案に『自分とオランダ人の夫との間に生まれたりえは太りやすい体質だから、ヌードは早く撮っておきたかった』と二つ返事でOKし、極秘撮影された。発売1か月前に突如、朝日新聞だけに全面広告を掲載して発表するまで関係者以外誰も知らなかったという情報統制も、りえママの手腕でした」と振り返るのは出版関係者。

 思惑通り、写真集は社会現象となったが、その後も母娘は世間を騒がせる。翌92年11月の大相撲関脇だった貴花田との婚約発表だ。トップアイドルと“若・貴ブーム”の立役者という国民的人気の2人の婚約を仕掛けたのもりえママだった。

「マスコミは連日、りえのマンションと当時の藤島部屋に集結し“世紀のカップル”の一挙手一投足を報じるフィーバーとなったが、発表から2か月後に破局。その原因となったのはりえママと藤島部屋のおかみさん・憲子さん(現タレント藤田紀子)のけんかだったとされている。相手がどんな大物でも娘を守るために、一歩も引かない気の強さでした」(ワイドショー関係者)

 貴花田が「愛情がなくなりました」と衝撃の婚約解消会見をした後、ショックをひきずったりえに、りえママは新たな相手を探していたとも。

 噂になっただけでも市川右近、故中村勘三郎さん、桐島ローランド、市川海老蔵、中田英寿氏らそうそうたる顔ぶれが揃う。なかでも勘三郎さんとは中村勘九郎時代の94年に“自殺未遂騒動”を起こし、激ヤセ姿が衝撃を与えた。

「京都のホテルで左手首を切ったのですが、りえは『泥酔し、持っていたグラスで切った事故』と説明したが、その直前に勘九郎さんと一緒だったことが分かり、不倫騒動に発展した。勘九郎さんは『親子ゲンカで泥酔したようですが、りえママの待つホテルに送り届けた』と釈明しましたが、2人の関係はいまだに語り継がれてます」(映画関係者)

 りえママは取材する記者にとってもとにかく怖かった。傍らにいつもボディーガードのように寄り添い、目を光らせていた。95年に公開された映画「蔵」では、りえがクランクイン直前になって降板する騒動が起きた。

「脚本を見たりえママが、浅野ゆう子とのダブル主演を頑として認めず『なんでりえが2番手なのよ!』と激怒したのが真相でした。トップスターであるりえの地位を守るため、なりふり構わない姿勢でしたね」(別の映画関係者)

 こうした光子さんの姿を間近で見てきたりえだけに、訃報に寄せたコメントも意味深かった。

「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に、私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」

 りえママは8年ほど単身フランスで過ごした後、2006年ごろから再び同居。09年にりえが長女を出産すると、孫をほほ笑ましくあやす姿も目撃されていた。