芸能リポーターの井上公造氏(64)が25日、朝日放送の「キャスト」に出演し、活動休止中の女優・深田恭子(38)と交際中の実業家・杉本宏之氏(43)に電話取材したことを明かした。

 杉本氏と「友人」という井上氏は、公の場で交際を認めた背景に「深田さんが休養を発表した時も、連絡をしたら『全身全霊で自分が守りたいと思います』とおっしゃっていたので、どこかでハッキリさせないといけないと思っていたのでは」と分析。

 井上氏はイベントで交際を明言した後、改めて電話で杉本氏を“直撃”したという。気になる深田の現状については「回答は『心と体のバランスがまだ完全ではないですが、1週間前からようやくご飯が食べられるようになりました』と。今は通院していて、そこには事務所スタッフや、杉本さん本人、杉本さんの会社のスタッフが付き添う形にしているそうです」と明かした。

 また、会社の上場を機に結婚するのでは?という報道も出たが、これには「今年に入って上場の準備に入った段階です。ただ上場したから結婚するわけではない」と否定されたという。ではゴールインのタイミングは?

 井上氏は「彼女が抱えている仕事が一段落したら結婚について話し合おうと、2人で喋ってたんですって。ただ、その最中に倒れちゃったわけです。だから『まず療養が優先です』、『それから本人と話す』と。本人もドラマをドタキャンしたような形になったので思うところがあるそうなんです」と証言した。