ボートレース三国のGⅢ「オールレディース 三国レディースカップ」は9日、予選3日目が行われ、長嶋万記(42=静岡)がまくり差し、差しで連勝。得点率7位に浮上して予選最終日を迎える。

 初陣の初日5Rで転覆する厳しい滑り出しも「転覆があっても『ついてない』ってヘコむんじゃなくて、ひとつの出来事として捉えている。人生と一緒で、一喜一憂しないように」と、すぐに気持ちを切り替えた。初日10Rで2コース差しを決めるなど、2走目からは3勝2着1本3着1本と快調に飛ばしている。

 悪いことを引きずらないようにしているだけではなく、いいこともしっかりと区切りをつける。前節の当地GⅡレディースチャレンジカップで優勝しているものの「三国のイメージはいい。ただ、最近はいいレースも悪いレースも引きずらないように心がけている。無心で臨めば結果はついてくると思う」とVの余韻に浸ることもない。

 この「切り替え」がGⅡ2Vを含む年間7Vの快進撃につながっている。67号機に関しては「全体に悪くない。上積みできそうなので整備も含めて考える」という評価。まずは目の前のやるべきことに集中する。