ボートレース芦屋の「ルーキーシリーズ第22戦 スカパー!・JLCカップ」は28日、4日目が行われた。予選トップ通過は末永和也。沢田尚也、田頭虎親が続き、それぞれ準優好枠に陣取る。

 仲本舜(18=福岡)は4日目を3、2着でまとめ得点率13位で予選を突破した。「4日目後半は劣勢感があった。ホームでも松本選手に伸びられた。出足、行き足は何とか、という感じ。回り足はしっかりしている」と44号機の感触は納得の域ではない。それでも、整備や調整を繰り返し2日目後半から連に絡む。ルーキーシリーズ初出場で、デビュー初の準優進出を決めた。

「まだ勝利者インタビューに立ってない。同期の楠選手は2回もやっているのに…」と節間未勝利に不満はあるが「前検、初日を思えば、リング交換などでエンジンは立て直していると思う。前走福岡で、SGとかでやっていたという整備を聞いた。それをやってみてエンジンは上向いてきた」と整備力は向上している。

 もちろん準優は厳しい戦いとなるが「気合と根性で頑張ります」と気後れはない。