SNSの総フォロワー数が1000万人を超える韓国人アーティストが音楽フェスでセクハラ被害に遭ったと告発し、波紋を呼んでいる。GACKTや元セクシー女優でタレントの明日花キララは彼女を擁護。本人は胸などを触られただけでなく、首を絞められる〝暴力〟を受けたと主張した。周囲は警察に駆けこんで被害を訴えようとするほど激怒している。

 セクハラ被害を告発したのは韓国のアーティストのDJ SODA(ソダ)だ。

 13日に大阪・泉南市で開催された音楽フェス「MUSIC CIRCUS’23」の公演中、観客に体を触られる被害にあったと翌14日、X(旧ツイッター)で主張。「私が公演の最後の部分でいつものようにファンの方々に近づいた時、数人が突然私の胸を触ってくるというセクハラを受けました。(中略)DJをしてから10年立ちますが公演中にこんなことをされたことは人生で初めてです」(原文ママ)などと訴えた。観客から胸を触られたように見える写真も添えた。

SODAがXに投稿した〝お触り〟写真(@dj_soda_から)
SODAがXに投稿した〝お触り〟写真(@dj_soda_から)

 この騒動はSNS上で瞬く間に拡散。GACKTは15日、Xに「それをやった人間は犯罪を犯しているわけだ。10000%犯罪を犯している方が悪い。誰がどんな格好をしようが個人の自由。それに対し『そんな格好をしているから』などと当然のごとく言うこと自体がおかしい。まるでやられた方が悪いようなコメントじゃないか」と疑問を投げかけた。日本にある国連の広報当局も14日、Xに「何を着ていたかは関係ありません」などと投稿して反応した

 当のDJ SODAは怒りが収まらない。関係者の話。

「本人は体を触られただけでなく、首を絞められたと主張しています。大きなショックを受けたそうです」

 DJ SODAの友人で元セクシー女優の明日花は16日、Xに「触られてもしょうがない服装だとか、明日花キララとランウェイ歩いてたから触ってもいいだろとか本当に理解し難い」「どうしたらそんな思考になるの?笑」と投稿した。DJ SODAと明日花は6日、大阪ドームで開催された「関西コレクション」で並んでランウェイを歩いていた。

「周囲の友人たちはDJ SODAに同情し、『一緒に警察に行くよ』と息巻いていました」(前出関係者)

 フェスの主催者は15日、声明を発表。「このような行為は性暴力、性犯罪であり、断じて許すわけにはいきません」とし、「卑劣な犯罪行為を行った犯人を特定し、損害賠償請求や刑事告訴など、民事及び刑事の法的措置を取る所存です」と表明した。

「主催者が声明を発表したことで、DJ SODAと友人たちは警察に行っていないそうです」(同)

 ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長による性加害問題もあり、日本は世界から厳しい目を向けられている。芸能プロ関係者は「DJ SODAのセクハラ被害にきちんと対応できないと、日本の印象はさらに悪くなります」と語る。

 15日からDJ SODAに取材を申し込んでいるが、折り返しはない。