阿川佐和子が検査徹底でコロナ規制撤廃のデンマークに感心「なぜ日本ができないのか」

2022年02月06日 16時50分

阿川佐和子(東スポWeb)
阿川佐和子(東スポWeb)

 6日放送のテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」では、マスクなどの規制を撤廃したデンマークの話題を取り上げた。

 人口約580万人のデンマークでは現在も連日4万人以上の感染者を出している。しかし、1日よりオミクロン株の重症化リスクが低いという理由で、インフルエンザ並みの扱いにし、隔離義務やマスク着用の義務を撤廃した。陽性者でも4日以上経過していれば、軽症なら外出しても良いという。同国では無料の検査体制が整っており、数多くの検査を行うことで国民の感染状況を把握・分析し今回の決断につながったという。

 ビートたけしは「おれはテレビで老人は重症化リスクの高い人に絞ってかぜみたいな扱いにしろよと言ったら揉めたんだよ」と苦笑したが、英国など欧州各国もこの方向に向かっている。

 こうした動きにMCの阿川佐和子が「なぜ日本はデンマークみたいにできないのか」と疑問の声をあげると、順天堂大学大学院の堀賢教授は「欧州がこのようにシフトしているのは経済的な困窮という背景がある。日本はまだ豊かなので、それを食いつぶしながら耐えている。英国などは貿易を活発にやらないといけない。国民を食べさせないといけない。余力がなくてそっちの方に舵を取らざるを得ないということがある」と私見を述べた。

 これに対し阿川は「無料でPCR検査ができる方が豊かに見えるんですが」などと疑問の声をあげると、堀教授は「経済を止めると莫大な損失が出る。経済を回して、(経済を止めた時の)損失分を検査に回すということができる」と指摘した。

関連タグ: