【目撃撮】タワマンから見たら大炎上していた国立競技場

2021年07月23日 23時05分

タワマンから見た国立競技場

 燃えてる!? 開会式が行われた国立競技場から1・5キロのタワーマンション上層階。住民は夏の風物詩である花火をぞんぶんに楽しんだようだ。

「競技場内の様子は全く見えなかったけど、花火はバッチリ。去年に引き続き、8月恒例の神宮外苑花火大会は中止になりそうだし、代わりにこんな豪華な花火が生で見れて感動です」

 ただ見ようによっては、トラブル続きで〝炎上する東京五輪〟を象徴しているようにも…。

 開幕直前にもミュージシャン・小山田圭吾が過去の〝いじめ自慢〟インタビューで大炎上。元芸人の小林賢太郎氏も過去のホロコーストいじりがバレて、解任された。

 荒ぶる炎は魔除けの意味もある。これ以上、何も起きないことを祈るばかりだ。

関連タグ: