えなりかずき 8年ぶりブログ更新で橋田壽賀子さん追悼 15年前の〝旅エピソード〟明かす

2021年04月06日 02時15分

えなりかずき

 俳優・えなりかずきが6日、実に8年ぶりにブログを更新。4日に急性リンパ腫のため95歳で亡くなった橋田壽賀子さんの訃報を受け、追悼メッセージをつづった。

 えなりは橋田さんが手掛けた国民的ヒットドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系列)で、小島勇(角野卓造)、五月(泉ピン子)夫妻が営む中華料理店「幸楽」の長男・眞役を長年演じた。

 ブログの題は「突然の訃報」。「橋田先生のニュースを知って、本当に驚いております」と飛び込んできた知らせに対する、素直な心情から書き出した。

 1990年から20年以上に渡って続いた長寿ドラマに子役時代から出演していたえなり。恩人の訃報に際して明かしたのは「15年ほど前」橋田さんと長崎を旅したエピソードだった。

「今までにないくらいの長い時間をご一緒させていただき、先生が生きてこられた時代の厳しさ、それに打ち勝つ強さ、目標に向かう努力の大切さを聞かせていただきました。語ってくださったそのお姿は今も目に焼きついています」

 さらには「橋田先生が『小島眞』というキャラクターを生み出してくださったからこそ、わたくしは今もテレビの世界でお仕事をさせていただいております」と〝渡鬼〟を通じて芸能界での礎を築いてくれた恩人への深い感謝をつづった。

 橋田さんには常々、聞いてみたいことがあったというえなりだが「自主規制をしてしまって、聞きたいことを聞けずにおりました」。後悔の念をにじませつつ、最後は「わたくしが天国に行けたなら、こちらで伺ってみたかったことを聞いてみたいと思います。その日までは橋田先生のパワフルな行動力を見習って、日々頑張ります」と丁寧な言葉で結んだ。

関連タグ: