市川海老蔵が 〝地震予言〟 の真意告白 さらなる予言も「ピンポイントで気になる日がある」

2021年02月15日 20時24分

市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が15日、自身のユーチューブ番組「EBIZO TV 市川團十郎 白猿」を更新し、話題となった「地震予言」の真相を語った。

 海老蔵は13日に、自身のツイッターで「なんとなくだけど、地震きて欲しくないなーとふと思う、」とツイート。この約9時間後に地震が発生し、「予言者か」「海老蔵さんは何者だ」とネット上では騒然となった。

 海老蔵は「【地震】〝予言〟と話題になっているのでお話させてください。」と題した8分ほどの動画を公開。同ツイートを行った状況を詳細に語っている。

 車内にいた海老蔵はかなりの睡魔に襲われていたそうで「その日、すごい調子が悪くて。たまたま運転手が道を間違えた際に渋滞に巻き込まれた。あそこでツイートしたんだよね」と明かし「なんか地震が来そうな気がしてたから、地震が来ないといいなって何となくつぶやいたら起こった」と話した。

 災害などの危険を感じ取る能力が長けていると語る海老蔵は「去年の4月か5月からもうちょっとすごいの感じ取ってるんだよね」と今後起こり得る災害の可能性を示唆。「言わない方がいいと思うんだけどな」と前置きしつつ「ピンポイントで気になる日がある、5月。前後するかも知れないけど、何か5月。具体的に何かもわかってる」とさらなる予言を行った。

 視聴者へ向けて5月の前後1か月間について「気を付けた方がいいですよ」と注意を促した。

関連タグ: