高須院長 ユニクロ商品争奪騒動にあきれる「やめてください。愛知県が馬鹿にされてる」

2020年11月13日 19時57分

宮沢りえ㊧も愛用する「+J」と高須院長

 高須クリニック・高須克弥院長(75)が13日、ツイッターを更新。同日新商品が発売されたユニクロでの騒動に困惑した。

 13日、ユニクロとドイツ出身の世界的ファッションデザイナー、ジル・サンダー氏(76)がコラボレーションした商品「+J」(プラスジェイ)が9年ぶりに復活。前日にはコレクション発表会が行われ、人気女優の宮沢りえ(47)が出席した。

 話題の商品だけに、各地のユニクロでは開店前から行列ができ、開店後の店内は大混雑。同社ECサイトも一時アクセスが集中し、つながりにくくなるといったトラブルが相次いだ。一方でフリマサイトでは「+J」の商品が高額で転売されるなど、転売ヤーが多く見られた。

 高須氏は、同氏の出身地である愛知県内のユニクロで撮影された映像が添付された一般ユーザーのツイートに反応。映像には、客が身動きが取れないほど混み合っている様子が映っていた。これに高須氏は「やめてください。愛知県が馬鹿にされてる」とコメントした。

 ユーザーからは「でも愛知県民って…ってなりますね」「信じられない。日本ですか?」とのコメントが寄せられ、高須氏同様、騒動にあきれた様子だった。