舛添要一氏が「風と共に去りぬ」配信停止に疑問

2020年06月11日 13時06分

舛添要一氏

 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏(71)が、人種差別への抗議運動が広がりを受け、映画「風と共に去りぬ」が配信停止された問題について11日、ツイッターで言及した。

「風と共に去りぬ」は南北戦争時の南部を舞台にした映画。当時、米南部は奴隷制度を守ろうとしたという歴史的背景があり、以前から人種差別ではないかとの批判があった。米ストリーミングサービスの「HBO Max」は「人種差別の描写は間違っていた」とし配信を停止。今後は歴史的な意味合いや差別表現の説明を加えて配信を再開するという。

 この問題について舛添氏は「今から見ると、奴隷制美化の側面もあるが、小説、映画などは歴史の一部であり、現代の観点から抹殺するのには反対である。戦前の日本の小説など、差別用語が満載だ。しかし、それも当時の歴史を反映している。文化や歴史の破壊にまでは進みたくない」とし、過度な反応に異議を唱えている。