鷲見玲奈アナ フリー転身で“ハレンチ爆弾”流出危機

2020年02月26日 17時00分

テレビ東京のエース・鷲見玲奈アナ

“ハレンチ爆弾”が炸裂か!? テレビ東京のエース・鷲見玲奈アナウンサー(29)が3月いっぱいで退社し、4月1日から芸能事務所セント・フォースに所属してフリーアナに転身することになった。転身決断の大きなきっかけは「週刊文春」に報じられた不倫疑惑と言われているが、フリーとなる鷲見アナを快く思わない勢力が、過去の“ハレンチ動画”を流出させるのでは?とささやかれている。

 入社7年目の鷲見アナは、2015~16年にサブMCを務めた「ウイニング競馬」で、スタジオのテーブルに“乗った”巨乳(推定Gカップ)で競馬ファンをとりこにした。17年にはマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」で表紙と巻頭のグラビアに登場。同誌に現役の局アナが登場するのは初の快挙だった。

 しかし、17年に都内のカラオケボックス店で同僚らと酒を飲み、先輩の増田和也アナ(38=昨年11月に営業推進部に異動)と“一線”を越えたと昨年12月26日発売の「週刊文春」に報じられた。

 増田元アナはNHKの廣瀬智美アナ(38)と結婚して2児のパパ。酔った勢いとはいえ、ハレンチ行為が事実なら言い訳できない。さらに動画も存在するというから、衝撃的すぎた。突如、降ってわいた不倫疑惑報道を鷲見アナは否定した。なのにレギュラーのバラエティー番組「家、ついて行ってイイですか?」の出演シーンはカットされ、スポーツ番組「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」を欠席する事態に発展した。

 不倫疑惑についてテレ東は“黒に近いグレー”とジャッジしたとされる。今年の東京五輪関連の番組は女子アナにとって花形の仕事だが、起用予定だった鷲見アナを外したという。

「鷲見アナはあくまで“一線”は越えていないとのスタンス。局側の対応に納得がいかず、“ケンカ別れ”に近い形で、退社を決めたとの不穏な情報が流れている」(テレビ局関係者)

 不倫疑惑の報道から2か月たった25日、フリー転身が電撃的に発表された。

「5月に30歳の節目を迎えることが大きかった」という一部報道もあるが、退社理由は明らかにされず、鷲見アナと同局に“遺恨”があることをうかがわせた。

 4月からは、元読売テレビアナの川田裕美ら多くのフリーアナが名を連ねる芸能事務所「セント・フォース」に所属。心機一転、リスタートを切るが、懸念されているのが“ハレンチ爆弾”の炸裂だ。

 前述した増田元アナとの行為を収めた動画は「テレ東の出入り関係者の手にも渡っているとささやかれている。3月末で退社することで、鷲見アナを快く思わない勢力が“局の品位をおとしめた”と言わんばかりに“ハレンチ動画”をネット上に流出させるのでは?とささやかれている」(関係者)

 しかもその中身は「鷲見ファンが見たら卒倒しかねないほどショッキングなもの」(前同)といわれ、周囲が想像している以上にヤバイ動画のようだ。

 そもそも、17年のカラオケボックス店での出来事が2年後に明るみに出たこと自体が不可解。

「何者かが鷲見アナの活躍を快く思わず、足を引っ張るため2年前の話を外部に漏らしたのでは」(前同)との見方が、もっぱらだった。

 鷲見アナの酒癖も危惧されている。テレ東の公式サイトで趣味について「お酒を飲むこと」と自己紹介するほど。知人によれば「アルコールが入ると開放的になる性格」といい、増田元アナとの不倫疑惑時は相当飲んでいたという。

「実は以前にも、仲間内で飲みに行って酒が進むと、自慢の巨乳をお触りされても『アハハ!』と笑って気にしていなかった」(知人)

 パイタッチを“容認”するとは、何とも夢のある話だが「酒がからんで乱れた過去の醜聞が週刊誌にタレ込まれなければいいけど…」と前出の知人は気をもんでいる。

 新天地での活躍に期待したいが、“ハレンチ爆弾”の中身も気になる!?