TOKIO4人の憂鬱 代表曲“山口事件を連想させる部分”でお蔵入りの危機

2018年05月05日 11時00分

謝罪会見を開いた(左)から長瀬、国分、城島、松岡

 TOKIOの山口達也(46)が女子高生タレントに無理やりキスをした強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった事件の波紋が広がり続けている。2日には他のメンバー4人が都内で会見し、山口が4人に「TOKIOを辞めます」としてジャニーズ事務所あての“辞表”を出したことや、松岡昌宏(41)が山口に「あなたは病気」と伝えたことなどが明かされた。今後の音楽活動については「全て白紙」としたが、4人を憂鬱にさせる事件の余波はそれだけにとどまらない――。

 2日の会見の冒頭、リーダーの城島茂(47)が「メンバーの山口達也が犯した事件で被害に遭われた方、そしてそのご家族にTOKIOのメンバーとして深くおわび申し上げます」と謝罪すると、黒いスーツ姿の4人は約20秒間にわたって深々と頭を下げた。

 4月30日の夜、山口を含むメンバー5人で話し合い、山口が土下座して4人に謝罪。山口から辞表が提出されたというが、その扱いについては結論が出ず、現在は城島の手元で「預かり状態」であることも明かされた。

 国分太一(43)は「今は全て白紙にして、とりあえず音楽活動は考えるのをやめて」と語ると、城島も「今、音楽活動白紙だと…。正直、断腸の思い」と悔しさをにじませた。

 来年のデビュー25周年を控え、予定していたツアーやアルバム製作も実現するか不透明。しかも、グループの歴史を彩った代表曲もお蔵入りの危機に瀕している。

「女子高生に無理やりキスをしたなどの強制わいせつの罪ですからね。例えば、TOKIOの3枚目シングルで、大ヒットした『うわさのキッス』を歌った場合、どうしても事件を連想させる。聴いた時に嫌悪感を抱く視聴者も多いでしょう。音楽活動を再開できても、音楽番組で披露するのは難しくなるというのが正直な感想ですね」(民放の音楽番組スタッフ)

 グループのデビュー曲で、最大のヒットにもなった「LOVE YOU ONLY」(1994年)も同様だ。現在はメインボーカルを長瀬智也(39)1人が務めているが、当時は長瀬と山口がツインボーカルを担当。デビュー曲の歌詞に登場する「キスがしたいよ」は山口が熱唱していた。

「万が一、復帰した山口が『キスがしたいよ』の部分などを歌うとなれば、視聴者の反発は免れない。たとえ他のメンバーが歌うとしても、事件がチラついてしまうでしょうから。そういう意味でテレビ番組では『やめよう』とならざるを得ません」(前出のスタッフ)

 また、ライブでも披露することが難しくなったのが、23作目シングル「カンパイ!!」(2001年)だ。タイトルを見れば一目瞭然、お酒がテーマなだけに、今となってはシャレにならない。

「この曲は宴会ソングとして、今でも多くのサラリーマンが歌っている。TOKIOの楽曲の中でも男性に支持された。アルコール依存症が疑われた山口の姿を見ると、もう二度と披露できないだろう」(音楽関係者)

 山口と酒に関しては、城島が「仕事の現場で酒のニオイがしていたり、調子悪そうだなっていうこともあって、ロケが円滑に進まないこともあった」と明かし、松岡も「正直、僕らはアルコール依存症だと思っていました」と明言している。

 山口の酒癖&女癖を知る関係者らは「カンパイ!!」のお蔵入りは「無理もない」とこう語る。

「山口が趣味のサーフィンにのめり込んでいたのは有名な話。サーフィンで南国の島を訪れていたのですが、地元のキャバクラではTOKIOの曲ばかり歌っていた。泥酔しながら女の子を口説きまくって、お持ち帰りするのが流れですが『カンパイ!!』を歌いながら友人や女の子らにテキーラを強要する山口の姿も目撃されている。酒癖の悪さを知る関係者らは『カンパイ!!NG』です」

 TOKIOとして今後、どうするべきか4人の意見は割れている。山口を「あにぃ」と呼んで慕っていた松岡は「正直、あんたは病気です。自分の置かれている立場とちゃんと向き合ってくれ。酒をやめるのは当たり前。自分が被害者側の立場だったら絶対に許さない」と辛辣な言葉を直接、山口に伝えたといい、怒りをあらわにした。

 テレビ、CMなどに多大な損害を与えている山口だが、今後、TOKIOの歌唱はもちろん、ラジオなどで流れることもなくなる“発禁ソング”になりそうだ。まさに「カンパイ!!」の歌詞にもある「後悔 先に立たず」。代表曲に傷を付けてしまった罪は重い。