【AKBリクアワ】ぱるる卒業ソングは26位 同期の横山ら歌唱

2017年01月22日 17時28分

島崎遥香の卒業ソング「Better」を歌うAKB48 (C)AKS

 ファン投票で選ばれた楽曲をランキング形式で披露するライブ「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2017」2日目昼公演が22日、東京ドームシティホールで行われ、50位から26位までの25曲が披露された。

 昨年末にAKB48を卒業した島崎遥香(22)がセンターを務めた「ハイテンション」(46位)、「永遠プレッシャー」(28位)ではAKB48の向井地美音(18)、岡田奈々(19)がそれぞれセンターに立った。

 岡田は最後にポカポカと頭を叩く島崎のおなじみのポーズをした後、申し訳なさそうに何度も頭を下げた。

 昼公演最後の26位に入ったのも、島崎の卒業ソング「Better」。会場のファンは島崎本人の登場を期待したが、登場せず。昨年12月に行われた卒業公演の映像をバックに横山由依(24)、島田晴香(24)ら同期6人で歌唱し、横山は「ぱるるを思って歌わせていただきました」と話した。

 アンコールでは、25日発売の最新アルバム「サムネイル」の収録曲「だから君が好きなのか」「コイントス」の2曲がファンに初披露された。

「コイントス」は岡田の初のソロ曲。見事な歌唱力で魅了した岡田は「めっちゃ緊張した~!」とホッとした表情を浮かべると「ずっと夢だったソロ曲を頂けて、緊張とありがとうという気持ちです」と感謝した。