お笑いトリオ「ジャングルポケット」太田博久(39)の妻でタレント・近藤千尋(33)が都内で21日、「Wondershare Filmora 新バージョン発表会」に出席。バージョンアップした動画編集ソフト「Filmora version13」を使い、家族で撮ったVlog用動画の編集に挑んだ。

 SNS総フォロワー360万人超だが、近藤は撮影専門。「編集においてはしたことがなくて、プロの方にお願いしちゃってる部分がたくさんある」という。テキストの打ち込みもてこずり、思わず「パソコンできないのがバレちゃう」と告白。

 だが生成AIのサポートで、ものの10分ほどで編集は終わり、約30秒のオシャレな動画が完成した。「おぉ~すご~い。早~い。お~簡単!」と近藤は感嘆詞を並べた。

 動画を作る上で売りにしているのは「ハッピー感」だそう。「夫婦円満だったり、家族仲いいんだな~っていうのが溢れ出るような動画を作れたらいいなって思ってますね」

 いい夫婦の日(11月22日)前日ということで、夫婦円満の秘訣を語る場面では、思わぬ告白もあった。

「夫婦になると、相手の気持ちを考えずに行動しちゃうこともあるじゃないですか。だけどそこはグッとこらえてというか、いい意味でお互いにいい距離感で、ちゃんと我慢してる部分はあると思います。言いたいことを言うっていう方もいらっしゃいますけども、言い過ぎず、ちょっとやっぱ言い過ぎたらウチの旦那さん、泣いちゃったりするので…」

 最近は「夫婦での仕事もたまにさせていただくようになったので、その仕事帰りとかにちょっと映画見に行ったりとか…。子供も4歳と6歳でだいぶ楽になってきたので、夫婦の時間はすごい過ごせてますね」とのことだ。

エトキ
ハッピー感を振りまいた近藤千尋