1本の動画に映った大阪府警の警察官の言動が物議をかもしている。

 警察好きで「警察官の方々の素敵な姿や警察車両の写真と動画を頑張って撮影してきた」というユーチューバー「神戸のわかおじ」が6月28日、自身のユーチューブチャンネルに「【大阪府警】警察官のあり得ない職務質問(?)」と題した動画をアップした。撮影は同26日。

 わかおじ氏が運転する車が左折した際、右車線にいた捜査中の府警のパトカーからクラクションを鳴らされ、「オラ! 危ねぇよ、お前だよ!」と停車させられた。「撮影です」と説明するもエンジンを切るよう命じられ、「何してんねん、おっさん」「何人や、お前? 日本人か?」と質問が続き「ユーチューバー? 答えろやコラ! このヤカラ!」と次第に警察官の怒気が強まっていく。

 さらに、名刺と免許証の提示を求められたわかおじ氏がなかなか提示しないでいると、警察官は「ガタガタさっきから文句いうなやコラ! オイ!免許持ってへんのやろ? どっちやねん! さっきからゴネやがってる理由はよぉ!なぁ!さっきからなんやねんお前!出せ言うてるやろがい」などと激高。まるで〝本職〟を思わせるかのような怒鳴りっぷりだ。

 その後も、嫌がるわかおじ氏の財布を見ようとしたり、顔にライトを当てたり…動画のファイルを削除するよう要求し、「(カメラ)壊したらこれ分からなくなるんちゃうん?」とも発言している。

 わかおじ氏は、不適切な言動を繰り返した警察官は2人だけで、他にいた警察官は適切な職務執行だったとした上で、今回の職質を「非常に怖かった」と振り返った。

 そして、「今回の件で大きく失望し、これまでにあった警察への気持ちもなくなった」として、この動画を最後にしばらく活動を休むと報告。再開することはないかもしれないとしている。

 この動画をユーチューブチャンネル「綾人サロン」が6日、「くっそガラ悪い大阪府警に強制停止させられた【コイツらヤクザか?】」として、検証付きで紹介。炎上している。

 府警は炎上について「動画がアップされていることは把握している」とし、人数は答えられないが、動画を見た人から「口調がきついのではないか」などと苦情が来ていると明かした。

 府警によると当時、薬物容疑者に対する職務質問をしていたといい、「薬物容疑の車・不審者を発見して追随していた。薬物容疑は症状が多数現れるので確認しながら追随していたところ、パトカーの後方に追尾したり、並走する車がいた。車の中にもカメラらしきものを積んでいたので、不信感があって職務質問をしたと聞いている」と説明した。

 対応が適切だったかについては「現在も調査中で、相手様ともやりとりを継続させていただいている。(処分などは)今後の話になる。今後、しっかり調査し、不適切と思われる点についてはしっかり指導していく」とした。