• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【女子ボートレーサーの愛用品】西村美智子のヘルメットは母が描いてくれた宝物

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【女子ボートレーサーの愛用品】西村美智子のヘルメットは母が描いてくれた宝物


お気に入りのヘルメットでレースに臨む西村

【女子ボートレーサー私の愛用品:西村美智子=ヘルメット】4月を迎えて新年度、新学期と様々な世界で心機一転の季節となった。本紙ボートレース面でも新企画をスタートさせる――。

 相変わらず人気の高い“女子レーサー”モノでは、今回からレース場で身に着けるシャツやヘルメットなどを紹介する「女子ボートレーサー 私の愛用品」が始まる。第1回は香川のママさんレーサー西村美智子だ。

「いのちの樹」と題された絵に魅せられた西村が、実母に頼んでそれをヘルメットに描いてもらったのだ。「すごくかわいい絵を、そっくりに描いてくれて感謝しています。心底、気にいってます」と笑顔で話してくれた。

 これまでも、油絵が趣味という実母にデザインを頼んでいたが「最初はデザインしたものを業者さんにペイントしてもらっていたんですけれど、前回から直接、ヘルメットに描いてもらっています。これだと自分の細かい希望を伝えやすいし、何よりも一体感が違いますね」と。

 ヘルメットは3年周期で替えるというが「変わった直後は一日でも早く1着を取ろうという気持ちになるし、取ったら取ったで、今度はたくさん勝とうという思いが強くなります」と言う西村は今期好調で、ここまでの勝率は5・95(3月25日現在)。

 2期ぶりのA2復帰も見えてきた。「A1はちょっと無理そうだけど、6点台の勝率は可能なので目指したいですね。それにレディースチャンピオン出場のボーダー付近にもいるので、出場できるように頑張ります」とヤル気だ。

 まだデビュー以来、優勝がないが「もちろん、それは考えています。いつも応援してくれている両親のためにも、早くできればと思って走っています!」。近況の好調さに、この強い気持ちが後押しをすれば悲願達成の日も近い。

☆にしむら・みちこ=1984年4月12日生まれ。香川支部の95期生。2004年11月まるがめ一般戦でデビュー。翌年1月若松タイトル戦で水神祭(初勝利)を挙げ、06年9月まるがめタイトル戦で初優出(5着)。優勝はまだない。同期には峰竜太、岡村仁、山田哲也、藤崎小百合らがいる。身長157センチ。血液型=B。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!