【丸亀ボート・ヴィーナスS】絶好調!地元勢注目は西村美智子「出足は上位ある」

2021年05月14日 22時42分

西村美智子

 ボートレースまるがめの「ヴィーナスシリーズ ブルーナイターエンジェルCUP」は4日間の予選を終了。15日は9~11Rで準優3番が行われる。

 予選トップ通過は平山智加(35=香川)。2、3位にも平高奈菜(33=香川)、中村桃佳(28=香川)が食い込み、準優1号艇は地元が独占した。

 地元香川勢は127期新人の谷口佳蓮を除く5人〈西村美智子(37=香川)、平山、平高、松尾夏海(29=香川)、中村〉が準優勝戦進出。5人のうち、前検日にまともなエンジンを引いていたのは中村だけで、残る4人は揃いも揃って低調機。先が思いやられたが、各自が整備、調整、レースに成果を出したということだ。

 中でも7月(2021年後期)から、デビュー17年目にして初のA1昇級を果たす西村の頑張りは特筆もの。序盤は機力不足を粘り腰で補うレースが続いたが、中盤戦からパワーアップして「レース足がしっかりしてきた。伸びは普通だけど出足は上位あるし、もうこのままでいい。スタートも勘通りいけている」と胸を張れるレベルまで仕上げた手腕がお見事。3月に続く地元連続優出(前回は❸着)へ、11Rで同県(平山、松尾)に遠慮するつもりはない!

関連タグ: