【大村ボートSGダービー】エース機の今垣光太郎 激痛フライング「もったいないことを…」

2020年10月22日 22時55分

年内のSG出場が消滅した今垣光太郎

 ボートレース大村のSG「第67回ダービー」は22日、予選3日目を終了した。

 3日目11Rでは今大会、エース機を獲得して活躍が期待されていたベテラン今垣光太郎(福井=51)が痛恨のフライング失格、万事休した。

 このレースはお得意の〝3コースカド〟に引いて、内側艇をまくり切ったかと思われたが、バックストレッチで先頭に立ったところに無念のFコール…。同レースでは2日目まで好リズムだった江夏満(福岡=40)もFの〝勇み足〟。2艇の集団フライングとなり、揃って賞典レース除外の処置がとられた。

 今垣はここまでの獲得賞金が3966万円で、ランク43位だったが、このFにより、11月末の蒲郡SG「チャレンジカップ」並びに、12月の平和島SG「グランプリ」出場が不可能となり、事実上、2020年は〝終戦〟。レース後はさすがに「もったいないことをしました…」と沈痛な面持ちだった。

 また、地元の期待を一身に集めていた原田幸哉(長崎=44)も度重なる整備も結実せず、3日目3、5着で得点率4・40の32位。予選敗退が決定的だ。