立民・泉健太新代表は “UFO” 否定派 消費税廃止をめぐり…れいわ・山本代表との連携は?

2021年11月30日 20時48分

会見した立憲民主党の泉新代表(東スポWeb)
会見した立憲民主党の泉新代表(東スポWeb)

 立憲民主党の新代表に選出された泉健太政調会長(47)は30日、都内ホテルで会見を開いた。

 泉氏は「しっかりと国民のために働く政党として、日本を明るくする政党として、おかしな政治は許さない。国民の目線に立った国民中心の政治をしていきます」と決意を語った。

 同じ野党に籍を置く、同い年のれいわ新選組の山本太郎代表(47)は「消費税廃止」を訴え続けるが、今後どう向き合うのか。

「前回の総選挙でわれわれも消費税を5%まで減税するところまで来ていますので、その後はみなさんの(山本氏などの)知見をいただいて、政策を練り上げていきたいと思っています」(泉氏)

 代表選の期間中、スポーツ紙共同インタビューで「UFOの存在を信じるか」との質問に泉氏は「私はやはり自分の目でまだ見ていないということでは、画像だけを信じるわけにはいかないというスタンスです。否定派です」と真剣に答えていた。

 京都3区選出だが、北海道札幌市の出身で高校球児だった泉氏。「ポジションはファーストでした」と爽やかに語った。

 同じ京都選挙区で前幹事長の福山哲郎参院議員は泉新代表について「私は彼が学生の頃から一緒に政治活動をしています。天性の人を引きつける魅力のある新代表なので、新立憲民主党を引っ張っていけると思います」と太鼓判を押した。

関連タグ: