室井佑月 斉藤国交相 “現金配布” に「河井夫婦のことがあったとこ」「民主主義への冒とく」

2021年11月26日 18時40分

室井佑月(東スポWeb)
室井佑月(東スポWeb)

 作家の室井佑月が26日、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」に出演。先の衆院選の期間中、広島県トラック協会の関連団体が、斉藤鉄夫国土交通大臣の個人演説会に参加した会員企業の従業員に現金を支払っていたことについてコメントした。

 広島県トラック協会の関連団体「広ト協政策研究会」は、先月の選挙期間中、会員企業に対し、広島3区で当選した公明党の斉藤氏が広島市内のホテルで行った個人演説を聴きに行くよう依頼。参加した従業員に旅費名目で現金を支払っていた。同氏は「旅費については斉藤事務所も私も一切知らない」と関与を否定している。

 このニュースに室井は「あれ? この斉藤さんが出たの(選挙区)って、河井夫婦(克行元法相と妻・案里氏)のことがあったとこじゃん。ほんとに何やってんだって。1回そんなことあったのにさ、ちょっとあたしビックリするわ」とあきれ顔。

 さらに「小さいことって考える人いるのかもしれないけど、選挙に対するこういうことって、全部民主主義への冒とくだからね」と語気を強めていた。

関連タグ: