岸田内閣支持率49% 低調な数字に舛添要一氏「低調な船出」前川喜平氏「投票日に29%になる」

2021年10月05日 18時02分

舛添要一氏(左)と前川喜平氏
舛添要一氏(左)と前川喜平氏

 毎日新聞が4日、5日に行った緊急世論調査で岸田内閣の支持率が49%と低調だったことで、ネット上では早くも岸田内閣への期待感の低さが論じられている。菅内閣の発足時は64%あったことと比較してもかなり低い数字と言える。

 国際政治学者の舛添要一氏はツイッターで「岸田内閣支持率49%、不支持率40%、低調な船出である」と指摘。また2016年に現金授受問題で経済再生担当相を辞任した甘利明氏を幹事長に起用したことがマイナス要因として上がっており「厳しい評価であるが挽回できるか」とつづった。

 また、元文科省事務次官の前川喜平氏はツイッターで「岸田内閣の支持率49%。メッキが剥がれるにつれて毎週5ポイントずつ下がれば投票日には29%になる」と自民党にとって厳しい選挙になるとの見方を示した。

関連タグ:

ピックアップ