モト冬樹が小池都知事の “カエルシリーズ”に不満「東京五輪開催の方針をかえるというのも…」

2021年06月06日 14時32分

モト冬樹

 タレントのモト冬樹(70)が6日、ブログで東京都の小池百合子都知事の掲げた「カエルシリーズ」キャンペーンに言及した。

 小池都知事は4日の定例会見で人流抑制を促すために夜8時には帰宅することを促す「8時だヨ!全員かえろう」というキャンペーンを掲げた。

 小池知事はコロナ対策で様々なキャッチフレーズを生み、一部では“フリップ芸”などとやゆされているが…。

 モトは今回のキャンペーンについて「公表した 職場からかえる お店からかえる 寄り道せずかえる ウチで気分をかえる という カエルシリーズらしい」と解説。

 その上で、このキャンペーンには「感染力の高い変異株対策に 徹底を求めたらしいんだけど どうせなら 東京五輪開催の方針をかえる というのも 入れて欲しかったな」と東京五輪・パラリンピックについて触れなかったことへの不満をにじませた。

関連タグ: