ジャンポケ斉藤 ついにトレーニングセール参加! ジャングルポケット産駒馬の落札なるか?

2021年05月11日 11時56分

斉藤はジャンポケ産駒を競り落とせるか

 お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(38)が11日、公式ユーチューブチャンネルで、セレクトセール参加の様子を生配信する。

 斉藤は芸能界きっての競馬好きで知られ、本紙・虎石晃記者が出演中の「ウイニング競馬」(テレビ東京系)で司会を務める。トリオ名は2001年の日本ダービー、ジャパンカップを制し、この3月に亡くなった“府中巧者”の名馬ジャングルポケットにあやかってつけた。

 名馬より有名になりたいという志を持っていたものの、その馬が亡くなってしまったことから「自分たちで何とかしたい」という気持ちが強くなった。そこで、子供を買って馬主になる決意を固めたという。

 斉藤はオンラインビット参加資格を取得。主催者に許可を得たうえで「どうも!ジャンポケ斉藤です!ハ~イ!ついにこの日がやってきました!ジャングルポケット産駒を買う為セレクトセールにオンラインで参加します!斉藤が漢になる日を見届けてください!」とアピールした。午後0時からユーチューブで生配信を行う。

 この日の「トレーニングセール」は、調教が施された2歳馬のセリで、即戦力となる馬が出てくる。ジャングルポケット産駒は1頭しかおらず、斉藤はこの馬を競り落とす予定だ。

 途中、パソコンの使用方法が分からず、1000万円の馬に入札してしまうハプニングがあり「ああ~っ!」と絶叫。結局、未遂に終わって事なきを得たが、「1000万やばいっすよ。僕、本当にお金ないから。隠しているわけじゃない。皆さんと同じです。でも、ジャングルポケットの子供を買おうという覚悟は決まったから。あ~、怖い」と肝を冷やした。

 斉藤は8日、発熱で「ウイニング競馬」を欠席したが、PCR検査の結果は陰性で、体調も問題ないという。はたして無事、ジャングルポケット産駒の馬を落札し、名馬に育て上げられるのか。今後もユーチューブチャンネルで、ドキュメンタリー的に追いかける。

関連タグ: